ウォーターサーバーで使われている水にもいろいろ

ウォーターサーバーの天然水とRO水について

ウォーターサーバーを選ぶ場合、水の種類は重要です。まず、水源から採水をした地下水が原料なっており、地層に含まれるミネラル分が水に溶け出したものを天然水といいます。沈殿やろ過、加熱処理を化学処理をせずに施しているので、安心です。 次にミクロレベルのRO膜というフィルターに通すことで、ろ過を行った水をRO水といいます。とても小さい不純物やウイルスなどを、ろ過することができるのが特徴です。純水に近いことから、ピュアウォーターと呼ばれることがあります。この他、デザインウォーターというRO水にミネラル分を、人工的に後から添加したものも存在します。水源は水道水や天然水を使っており、メーカーによって違います。

軟水と硬水の違いや用途について

水は軟水や硬水のように、硬度で分けることができます。ミネラル分がより多いのが硬水で、少なくなっているのが軟水です。マグネシウムやカルシウムのイオンが多いのが特徴の硬水は便秘を解消する効果やデトックスの効果が期待できることから人気です。また、スポーツをした後にミネラル分を補給したい場合も適しています。 そして、ミネラル分が少ない軟水は、口当たりがまろやかなので飲みやすくなっています。デザインウォーターや天然水でも、ミネラル分が少ないタイプの軟水ならば、赤ちゃんでも飲むことが可能です。また、くせがないことも軟水の特徴であるため、料理にも適しています。特に使用する水で味が左右される、ご飯を炊くのにおすすめです。